<55歳>役職無しの薬剤師として働ける職場にチャレンジ!

薬剤師転職体験談TOP >> 体験談 >> <55歳>役職無しの薬剤師として働ける職場にチャレンジ!

<55歳>役職無しの薬剤師として働ける職場にチャレンジ!

皆さんはじめまして、私は先日まで調剤薬局で管理薬剤師として勤務していた55歳の女性Aと申します。長年ずっと調剤の仕事を行ってきましたが、30代に入る直前から管理薬剤師としての業務を行う世になり、今まで3回程転職をしたのですが約30年弱の間ずっと管理薬剤師を務めてきました。

しかし、私が勤めてきた管理薬剤師の仕事は通常の薬剤師よりも勤務時間が長い傾向にあって、薬剤の在庫について数量だけでなく良品としての管理を厳格に行っていかなければなりません。一般の薬剤師は薬剤の調合やピッキングに専念できますが、管理薬剤師は非常に孤独なポストと言えるかもしれません。

このような経緯もあって、さすがに管理薬剤師として頑張ってきた私も肉体的にも精神的にも疲弊することが非常に多くなって来たのです。このまま続けていくと鬱になってしまうかもしれないので、管理薬剤師としての業務をいったん退職してしまいました。

新しい転職先への条件に対してですが、労働条件については正規職でなくても私は構いません。むしろ、自分らしい生活をさせてくれる勤務形態であればパート職などの方が良いかもしれません。そして、私はネットでは有名な求職サービスを利用するために無料登録しました。

それでも紹介される職場のほとんどが管理薬剤師に関する求人のもので、私のような年齢の人材を一般の薬剤師として雇用するのにはいろいろと懸念材料があるのでしょう。その後、1か月ほど経ってから自宅からそれほど離れていない非常勤の薬剤師として勤務できる求人を紹介されたのです。

この薬局の求人ですが、週5日で朝から夕方4時までの勤務となっていました。私は非常に情緒不安定になっていたので、出来るだけ早く転職できることを希望していました。よって、この求人に応募することにしたのです。程なくして薬局から面接参加の通知が来たので、私は面接日にその薬局へ訪問したのです。

そこでは女性の管理薬剤師さんが面接に対応してくれましたが、私が別の薬局で管理薬剤師をやっていたということに驚きを隠せなかったようです。それでも、私は正直に現在の心理状況や精神状態を説明して、薬剤師として一歩引いた形での勤務を希望しました。 しかし、残念なことにこの職場では不採用となってしまいました。私から察するに、同じ管理薬剤師経験を持つスタッフを非正規職として採用するにはちょっと気が引けたのだと思います。私は現在もいち早く転職を達成するために、再度求人をチェックしてもらっています。

薬剤師の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 薬剤師転職の体験談まとめ All Rights Reserved.