<49歳>収入にこだわった管理薬剤師として別の薬局をセレクト!

薬剤師転職体験談TOP >> 体験談 >> <49歳>収入にこだわった管理薬剤師として別の薬局をセレクト!

<49歳>収入にこだわった管理薬剤師として別の薬局をセレクト!

はじめまして、私はある調剤薬局で管理薬剤師として勤務している49歳の女性Aと申します。今の職場に勤めて足かけ20年になるので、職場のやり方や運営方針まで当然理解しています。でも、最近になってもう少し収入を伸ばして行きたいと感じるようになりました。

後10年で定年を迎える年齢ではありますけど、考えようによっては後10年も働かなければなりませんので退職後のことも考えてもう少し蓄えをしておきたいというのが本音になります。それでも49歳からの転職となると非常にシビアな状況になって行くのは必然的ですし、どのようにして効率的に見つけていくか真剣に悩んでいました。 そんな状況で別の薬局に勤める同期の薬剤師から、転職エージェントに無料で登録するのが良いと聞いて登録をしてみたのです。

今は管理薬剤師として勤務しているものですから、やはり転職先は管理薬剤師として活躍できる職場が理想的だと考えていました。

そうしているうちに、幾つかの調剤薬局に関する管理薬剤師求人がピックアップされましてその1つが市内でも郊外にある薬局になります。この職場での管理薬剤師の収入を条件提示してもらったところ、私の今の収入よりも年収で50万円ほどアップすることが分かりました。今勤めている薬局よりも立地は悪い感じがするのに、なぜこのように年収が高くなるのだろうとちょっと疑問でした。 実はこの薬局は少数精鋭の職場で、管理薬剤師ともう1人の薬剤師の合計2人で対応している職場であったのです。

また、ピックアップされた別の職場をチェックしてみますと、市街地区域にある店舗なのですが管理薬剤師の年収が今よりも100万円ほど上がって行くことになるようです。この職場について人材はある程度揃えているものの、管理薬剤師としての残業が頻繁に発生して行くことになっていきます。

私は迷った結果、やはり年収が大幅に多い市街地にある調剤薬局に応募することにしました。その後、その薬局から面接の通知が来まして、面接に参加してみますと経営者の女性薬局長さんが対応してくれました。 薬局長さんが言うには、女性のスタッフが多いので人間関係を上手く丸めることができる人材を求めているということでした。それに対して、私は長年いろんな女性薬剤師を管理してきたのでその管理手法を生かすことができるとアピールさせてもらいました。

その後、薬局長さんから直々に携帯に連絡をもらって、一緒に頑張りましょうというお声をいただいたことから退職の準備をしているところなのです。

薬剤師の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 薬剤師転職の体験談まとめ All Rights Reserved.