<41歳>OTC薬剤の知識を深めるためにドラッグストアへキャリアアップ

薬剤師転職体験談TOP >> 体験談 >> <41歳>OTC薬剤の知識を深めるためにドラッグストアへキャリアアップ

<41歳>OTC薬剤の知識を深めるためにドラッグストアへキャリアアップ

私は41歳の男性薬剤師でUと申します。今は調剤薬局で管理薬剤師として勤務していて、若いころからずっと調剤薬局畑で勤めてきました。最近はOTC薬剤のほとんどの市場はドラッグストアに取られてしまったこともあって、一般的な薬局で市販薬の経験を積んでいくことが極めて難しくなりました。

私はドラッグストアが台頭してくる前から街角の薬局に従事してきたものですから、調剤業務だけに傾倒して行かざるを得ない小さな薬局に憂いを抱いているほどなのです。そのような悶々とした心境で毎日を過ごして行くうちに、私は改めてOTC薬剤の知識を更に高めたいと心から思うようになったのです。

鉄は熱いうちに打てと言われるように、私自身も年齢的なことを考えて早めのキャリアアップをしなければならないと感じていて、いよいよドラッグストアへの転職情報をチェックするようになっていました。そこで私は転職エージェントに無料エントリーをして、迅速なキャリアアップに取り組むようにしました。

それでも私は手当りしだいにドラッグストアを探していたと言うわけではなく、調剤業務とOTC薬剤もバランスよく扱っている職場に絞ってチェックをしていたのです。そんな中で、管理薬剤師を募集している職場を見つけて応募をすることにしたのですよ。

そのドラッグストアといえば割と大きなドラッグストアチェーンで、募集されていたのはその店舗の1つであったのです。面接においては、OTC知識は以前扱っていたので豊富であるが今後もさらに知識をアップデートして行きたいという意志を伝えました。

また、その店舗においては早急に管理薬剤師の雇用を行わなければなかったらしく、私のような管理薬剤師経験者をすぐに欲しかったということもあるのかその場で採用の意思を伝えられました。私も待遇などを考慮した結果、このドラッグストアよりも恵まれた求人は他に見つからなかったことで入職を承諾したのです。

私は転職後若手の薬剤師と共に店舗管理を行っていますが、パート勤務の方の管理は行ったことがなかったので人材管理を現在手さぐりで経験をしている状況になっています。それでも処方薬でなくとも日常的にOTC薬剤で健康を提案できる業務を再度行うことができて、結果的に転職して本当に良かったと感じているのです。 ただ、ドラッグストアでは調剤やOTC以外にも一般日用品・食品も販売しているので、その商品知識の学習についてはまだまだ苦労が絶えないだろうと自分では実感しています。

薬剤師の求人も豊富!転職エージェントランキング!

  サービス名 料金 対応エリア オススメ度 詳細
リクナビ薬剤師 無料 ★★★★★ 全国 詳細




Copyright (C) 2014-2018 薬剤師転職の体験談まとめ All Rights Reserved.